AI・BⅠ・o2oソリューションで未来を拓く。

AI WATSON構築

  • HOME »
  • AI WATSON構築
IBM Watson

AJCは、ホームページ及びアプリにAI機能を搭載できる『チャットアドバンス』、本格的な業務支援向けAIソリューション『AIアドバンス』をリリースしています。

ホームページ及びアプリにAI機能を搭載

チャットアドバンス

チャットアドバンスはユーザーと自然な対話ができるAI(IBM Watson)を活用した高機能なチャットボットを迅速かつ簡単に提供できるソリューションです。チャットボットは顧客への問い合わせ対応における活用が注目されていますが、部署内業務問い合わせへの対応にも活用することができます。例えば「社内ヘルプデスク」「社内教育」「営業支援」といった業務に活用することができます。

AI WATSON チャットイメージ

AIチャットソリューション

「チャットアドバンス」はIBM Watsonを利用したAIチャットボットシステムです。民間・自治体のホームページ及びアプリにバンドルすることにより、すぐにAI機能をご利用頂けます。

本格的な業務支援向けAIソリューション

AIアドバンス

「AIアドバンス」はIBM Watsonを利用した本格的な業務支援向けAIソリューションです。

AI WATSON ADVANCEイメージ

導入事例

行政システム九州株式会社
カスタマサポート部 様

行政システム九州様のカスタマサポート部は20名の職員で、各自治体様担当者からのAcrocityに関する問い合わせに随時対応しています。しかし、知識の豊富なベテラン職員への負荷が集中し、新人オペレーターの育成と平準化が課題となっています。新人でもベテランに近い、適切でスピーディーな市民対応が適切できるようにするために人工知能による業務支援が不可欠だと判断し、AI(Watson)の導入を開始しました。AJCでは、Gcomホールディングスグループともにカスタマサポート部様へのAI(Watson)システム開発及び導入を進めており、現在、運用を開始しております。

導入前
導入前watson導入前
<問題点>
  1. 問い合わせ内容の聞き取りや確認、該当資料の検索に時間がかかり、待ち時間に不満が生じる。
  2. 知識の豊富なベテラン職員への負荷の集中し、新人オペレーターの育成、平準化が進まない。
  3. クレーム対応のストレスが大きく、オペレータに精神的な負担がかかる。
導入後
導入後watson導入後
<改善点>
  1. 問い合わせ内容が、AI(Watson)を介し画面上に最適な回答内容が表示されるため、即座の回答が可能になった。
  2. 新人でも、ベテランに近い適切でスピーディーな対応が可能になった。
  3. クレーム対応のストレスが少なくなり、オペレータの精神的な負担を軽減できた。
  4. 人員削減等に貢献し、現行職員を他部署へ配置転換可能になり、業務効率化に寄与した。

チャットボットとは人間の代わりに、自動で会話対応してくれるプログラムのことです。近年のスマートフォンの普及により、LINEやFacebookメッセンジャーなどのチャット型のコミュニケーションサービスが一般化したのに加えて、近年、LINE・Facebookがチャットボット開発用のAPIを公開したことから活用を検討する企業が増えてきました。
人手のかかる顧客対応をチャットボットで自動化したり、キャラクターとファンのコミュニケーションに活用できるのではと注目が集まっています。チャットボットの会話を成り立たせる仕組みは①「ルールベースに基づいたプログラム」、②「人工知能(AI)を活用してユーザーとの会話を学習して精度を上げていくやり方」の2つの方法があります。ユーザー様の業務に合わせて選択頂けます。

業務効率化ツールとして活用

  • コールセンター支援
    チャット AI

    問い合わせ内容を入力すると適切な回答候補を提示。オペレーターの対応時間の短縮が可能。

  • 営業支援ツール
    チャット AI

    営業担当者からの問いかけに対し、製品の資料や顧客の情報と連携して、最適な提案に向けた情報を提供。

  • 社内ヘルプデスク
    チャット AI

    社内からの問い合わせ対応を自動化し、ヘルプデスクの省力化や対応速度の向上が可能。

  • 問い合わせの自動化
    チャット AI

    特定業務に関する問い合わせのノウハウを定型化し、自動化を実現。対応しきれない場合はコールセンターへ誘導可能。

様々なサービスと連携して活用

  • オンライン接客
    チャット AI

    オンラインで提供する自社サービスの接客対応や問い合わせ対応を、チャットボットで自動化。

  • 自社アプリにボット機能
    チャット AI

    自社で提供するオリジナルのiOS/Androidネイティブアプリに、チャットボットの機能を搭載可能。

  • Pepper連携 
    チャット AI

    Pepperとチャットボットの連携により、店頭接客時のコミュニケーションを自動化することが可能。

  • SNS外部サービス連携
    チャット AI

    LINE/LINE WORKS/ Microsoft Teamsなどの、既存の外部サービスと連携するチャットボットの提供が可能。

Watson導入支援、AI導入支援に関するお問い合わせは下記フォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

鹿屋本社/TEL.0994-45-6081

清水 ☒ shimizu@ajc-systems.com

東迫 ☒ higashizako@ajc-systems.com

Watsonに限らず、Googleなどのフレームワークやライブラリを利用したAIの導入支援や、ロボットやサイネージにWatson、その他のAIなどを組み込むご支援も可能です。

お気軽にお問い合わせください TEL :0994-45-6081  鹿屋本社
TEL :0985-64-2530  宮崎支社
TEL :099-295-4418 鹿児島支社
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
Copyright.株式会社 エー・ジェー・シー